これぞ“俺ちゃんワールド”! ミケランジェロの傑作が…『デッドプール2』 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

これぞ“俺ちゃんワールド”! ミケランジェロの傑作が…『デッドプール2』

映画 公開情報

『デッドプール2(仮題)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • 『デッドプール2(仮題)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
  • ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images
マーベル史上最も過激(やりすぎ)で無責任な異色のヒーローが帰ってくる『デッドプール2』(仮題)が、2018年6月公開。この度、またも“俺ちゃんワールド”炸裂な特別画像が公開された。



到着したのは、先日解禁となった「デッドプールと油彩画法を学ぶ絵画教室」で絵画に目覚めたと思われる第2弾の画像。今回デップーが餌食にしたのは、ヨーロッパ美術史のルネサンス期の巨匠ミケランジェロが、システィーナ礼拝堂の天井に描いた「アダムの創造」。

旧約聖書の「創世記」に記された神が、最初の人類たるアダムに生命を吹き込む場面を表現したとされている「アダムの創造」だが、俺ちゃんの手に掛かると、指先からアダムに生命を授けるために伸ばされた神の指は、『デッドプール』エンドロール後のおまけ映像で「続編ではケーブルが出てくるよ」と発表し、ファンたちを熱狂させた相棒ケーブルの銃口へと変化。そして、神と同じように伸ばされたアダムの左腕は、デップーのケーブルに向けられた銃口に指を突っ込む姿となってしまう。

神への冒涜以外の何物でもないこの画像。巨匠スタン・リーが、「この役のために生まれてきたみたいだ」と絶賛するほどハマリ役のライアン・レイノルズがこの画像をSNSに投稿すると、世界中から多くの反応が。さらに、米ディズニーが21世紀フォックスを買収したことが発表されると、ライアンはシンデレラ城を背景に連行されるデッドプールの画像を「どうやら、マッターホーン(ディズニーランドのアトラクション)を吹っ飛ばすことはできないらしい」とコメントを添えてツイートしており、その反応はまさにデップーそのもの…?

果たして、次にデップーの餌食となるのはどの絵画になるのか? そして、パロディ画像で描かれ続けているケーブルの登場シーンとは――?

『デッドプール2』(仮題)は2018年6月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top