テスラ vs メルセデス!EVへの投資額を巡りツイッターで応戦 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

テスラ vs メルセデス!EVへの投資額を巡りツイッターで応戦

自動車 社会

米アラバマ工場での新型EVの生産計画を発表したメルセデスベンツ
  • 米アラバマ工場での新型EVの生産計画を発表したメルセデスベンツ
米国のEVメーカーのテスラと電動化を急速に加速させているドイツの自動車大手、ダイムラー(メルセデスベンツ)。電動化への投資を巡って、両社がネット上で舌戦を繰り広げた。

事の発端は9月26日、テスラのイーロン・マスクCEOのツイート。ダイムラーは9月21日、米国でのEV生産に10億ドルを投資すると発表。マスクCEOはこれを、「ダイムラー/メルセデスのような大企業としては、投資額がひと桁少ない」と批判したのだ。

これに対して9月26日、ダイムラーはさっそくツイート。「たしかにひと桁少ない。10億ドルはバッテリー生産に関する投資、次世代EVへの投資は100億ドルだ」と、マスクCEOの批判に反論している。

かつては資本提携を結んでいたテスラとダイムラー。しかし現在、この提携は解消されており、両社はEVの分野でライバル関係にある。

テスラとメルセデスがツイッターで応酬…EVへの投資をめぐり

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top