ドSシーンに体当たりの石橋杏奈、「限界まで出し切った」 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ドSシーンに体当たりの石橋杏奈、「限界まで出し切った」

映画 公開情報

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』公開初日舞台挨拶に登壇した石橋杏奈(2017年6月10日)
  • 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』公開初日舞台挨拶に登壇した石橋杏奈(2017年6月10日)
  • 映画『22 年目の告白-私が殺人犯です-』
  • 夏帆
  • 早乙女太一
  • 藤原竜也
  • 夏帆
  • 石橋杏奈
映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』が6月10日公開初日を迎え、都内で藤原竜也、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、仲村トオル、入江悠監督が舞台挨拶を行った。

映画『SR サイタマノラッパー』などで知られる入江監督はワンカットの長回し撮影を好んでおり、石橋は「首を絞められるシーンは凄く長いワンカットで撮った場面で、体力的にも限界まで行った。出し切った場面です」と体当たり演技を告白。

入江監督は「石橋さんが一番大変だったかも。犯人がやって来て首を絞められて…という一連の流れをやっていますからね」とドSシーンの労をねぎらった。

夏帆は「22年前の被害者遺族の怒りの感情を言葉に出す、被害者遺族の代弁者のような役どころ」と自身の演じたキャラクターを紹介し、「そういった自分の気持ちを伊藤英明さんにぶつけるシーンは注目してほしい」とアピールした。

そんな伊藤は、晴れの初日に別件仕事で不在。ビデオメッセージを寄せるも、劇中では主役の一人という重要なポジションを務めている事から、野村からは「中身もなく、前日寝てねーんじゃねえか?という勢いのビデオメッセージ」と断罪され、仲村からも「映画のプロモーションをさぼった罪は一番大きい」とバッサリだった。



■ストーリー:かつて5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件は、未解決のまま時効を迎えた。22 年後、その犯人が突然自ら名乗りをあげ、自身の告白本を手に記者会見を行う。不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男は自ら顔をさらし、肉声で殺人を告白する。本はベストセラーになり、さらにマスコミを連れて被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、サイン会までも開催する。しかし日本中を巻き込むこの現象は、新たな事件の始まりに過ぎなかった。
《石井隼人》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top